ピアスの穴あけ|堺市の泉ヶ丘皮フ科クリニック

ピアスの穴あけ

ピアス穴あけは医療機関で

ピアスホール用器具が市販されていますが、自分でピアスを開けると、ピアッシングの方向がずれて斜めにホールが開いてしまったり、前後のケアを怠って炎症を起こしてしまうなど、なにかとトラブルが生じがちです。

耳のピアスホールは、特に炎症が起こりやすい場所なので、医療機関でのピアッシングをお勧めいたします。

ピアス穴あけの流れ

1.ご相談
ご相談どの部位にピアス穴あけをご希望なのかをお聞きしながら、ピアス穴あけの位置を決めます。ピアス穴あけ後のケアが重要ですので、あらかじめピアス穴あけに関する注意点をお伝えします。
2.ピアッシング
ご相談ファーストピアス(ピアス穴あけ)部位に印をつけ、専用のピアッサーで穴を開けると同時に、ピアスを装着します。
3.アフターケア
ピアスの穴が完全にでき上がるまでは時間がかかります。
ピアス穴を清潔に保つために一日一回入浴時などに、ピアスをつけたままで石鹸やボディーソープを泡立てて、優しく丁寧に部位を洗浄してください。石鹸や泡はよく流してください。

インターネットからの順番受付システム

スタッフ募集

  • しみ、くすみ軽減、トライアル肌メンテナンスセット
  • ドクターズコスメラインナップ
  • 料金表(自費診療)

ページの先頭へ